負担にならないように|妊娠や出産の可能性を高める効果的な情報を入手

妊娠や出産の可能性を高める効果的な情報を入手

負担にならないように

女の人

不妊治療を進めていく中で、卵管采の形や卵巣の位置が悪い場合や卵子もしくは精子の運動状態が悪い場合には体外受精という選択肢をとることを考えるはずです。体外受精を安心して快適に受けるためにはどのような流れで治療が行われるのかを知ることが大切です。何も知らずにはじめてしまうと不安がついて回る恐れがありますので、少しでも不安を少なくするためにはその流れについて知ることが大切です。まず体外受精が適応されるという診断がされますと、月経の周期などを考慮しながら排卵誘発剤などを利用して排卵をコントロールします。排卵が起こると膣内から採卵を行います。次に精液の採取を自宅もしくはかかりつけのクリニックで行います。採取できると受精・培養・分割を行います。それから正常な発育胚を選んで子宮内へ戻されます(3個以下)。戻されなかった正常な胚は凍結されることが多いです。発育杯が子宮内で無事に着床し妊娠しているかは尿検査や血液検査で判定されます。このような流れが体外受精を行う時の流れとなります。

流れをつかむことができたらもう一つ多くの方が気になっている費用についてみていきます。費用というものも大きな負担になりますのでできるだけ事前にいくらかかるのかを知っておきたいものです。体外受精の場合、健康保険のきかない自由診療の区分となり全額自己負担です。費用が病院により決められるのでクリニックにより差が出てきますが、一回の体外受精にかかる費用の相場は30万円から50万円です。当然ですが1回の体外受精により成功すればいいのですが、成功できなかった場合にはさらに費用が増えることになります。クリニックのホームページに価格表を掲載しているところも多いので、個別に計算するとおおよその費用をつかむことができます。