人工授精をする|妊娠や出産の可能性を高める効果的な情報を入手

妊娠や出産の可能性を高める効果的な情報を入手

人工授精をする

ナース

不妊治療として一般的に知られているものに、人工授精があります。この人工授精とは、女性の排卵日にあわせて精子を採り、人工的に子宮の中へ精子を届ける方法です。手順としては、まず超音波検査やホルモン検査などから排卵日を予測します。そして、その日に夫の精液を洗浄、濃縮して、良い状態の精子を管で子宮内へ直接注入していきます。 この人工授精は、女性の子宮頚管粘液が少なく、精子をスムースに通過させにくい状態である場合に適用されます。その他にも、男性の精子の数が少なかったり、元気がない場合にも効果的です。 人工授精にかかる費用は、すべて自己負担で保険がきかないです。病院の自由診療扱いとなり、病院によってかかる金額が異なります。

女性が人工授精をされる時には、いくつかの注意点があります。それは、施術中に喫煙をしたり、過度の飲酒は避けることです。そもそもタバコというのは、体に害をもたらすものです。赤ちゃんを望む女性ならば、なおさら避ける必要があります。タバコを吸ってしまうと、早い段階から胎児に悪影響を与えてしまいます。ですから、控えた方が良いです。また、飲酒も胎児に影響を与えるので禁酒は欠かせないです。 その他の注意点は、ストレスをためないことです。人工授精中は上手くいかずストレスを抱えがちですが、ストレスは血管が収縮して血流が悪くなります。その結果、ホルモンバランスが崩れて、妊娠の妨げとなってしまいます。適度に自分なりにストレスを解消することが大事です。